ギャラリー桜林

宗教法人 常陸国出雲大社

0296-74-3000

住所 / 〒309-1634 茨城県笠間市福原2006

lv

ギャラリー桜林

ギャラリーロゴ ピンク

― 神社で発見・感動 ア-!とプロジェクト ―

 

 

Exhibition / 展覧会

%e5%a5%a5%e7%94%b0%e5%b1%95%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc1

News / 新着情報

2024/7/18

山鬼ホール / 森 淳一 展 開催決定

3_trinity_miyajima-kei%ef%bc%91

《trinity》 2011 木、タグアナッツ 164 x 84 x 74 cm
©MORI Junichi Courtesy of Mizuma Art Gallery Photo by MIYAJIMA Kei

 

森淳一 展 / 常陸国出雲大社コレクション

2024年 8月1日 (木) 〜 2025年 7月31日 (木)

常陸国出雲大社山鬼ホール

 

常陸国出雲大社では 2024 年 8 月 1 日(木)より、「森淳一 展 / 常陸国出雲大社コレクション」を開催いたします。彫 刻家の森淳一は 1965 年長崎県生まれ。1996 年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了、現在は東京 藝術大学美術学部彫刻科教授。 これまでに、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた水や泡、髪の毛の素描をもとに、大理石や柘植(つげ)の木を用いて制 作した一連のシリーズや、故郷の長崎で起きた原爆をテーマとする作品等を制作してきました。

 

本展で展示をしております立像作品 《trinity (トリニティ)》 は、2011 年にミヅマアートギャラリー(東京)で開催した 「trinitite (トリニタイト)」という展覧会で初めて発表されました。 森がこれまでに発表した木彫の中で最も大きな作品となる本作は、ある写真集の表紙に写されていた「三位一体像」に 惹かれ、制作に至りました。 胴体内部は、外見の重厚で威厳のある佇まいからは想像ができないほどの軽さに至るまで彫られ、また、繊細に彫り抜 かれた顔の内部は光と影が交錯し、モチーフとなった三位一体像とは異なる新たな表情を与えられています。その 猛々しくも繊細な姿は、新たな“イコン”のようでもあります。

素材を驚異的なまでに彫りこむことで生まれる、光と影の隙でかに在しているかのようなその繊細さと緊張感は、 森の作品に美しさと同時に、あるの異ともえるを与えています。

の「trinitite」とは、1945 年にアで行われた人類初の核実験、“トリニティ”実験に生された人工鉱物名 称します。この実験で使用された爆同系のものが年、長崎に投下されました。 長崎に生まれった森にとって、原爆はして歴史の中の事件ではなく、らすことのできない現として常にらに影のように在し、影を与えてきました。 森淳一は、木彫だけでなく、ラミクや写真、平面作品と々なアプーチから原爆の手触りをれ、体しよう と試みています。

本展は、《trinity》を中とし、これまでの森淳一の社コレクション作品を一開する重な会となります。一 年たる常展示となりますので、ぜひご参拝に、っくりとご高覧をれましたらいです。

 

森淳一プロフィール.pdf

 

森淳一 展 / 常陸国出雲大社コレクション
会場:常陸国出雲大社山鬼ホール
会期:2024 年 8 月 1 日(木)〜2025 年 7 月 31 日(木)
定休日:毎週水曜日 ※祭事により変更がございます。最新情報をご確認下さい。 公開時間: 9:30〜15:00

入場無料
主催:常陸国出雲大社 / ギャラリー桜林 協力:ミヅマアートギャラリー


  

常陸国出雲大社「山鬼(さんき)ホール」は、御鎮座30周年記念事業として、社務所内部に造営されました。 こちらのホールでは、当社アートコレクションの公開展示をはじめ、文化・芸術振興としてさまざまなイベントを開催予定です。皆様にはこれまで以上 に芸術と宗教の融合性を、大国主大神のお膝元で体現していただく、全国に類を見ない稀有な空間となっております。ご参拝に併せて、今後ともど うぞご注目いただければ幸いです。

%e7%a4%be%e5%8b%99%e6%89%80%ef%bc%91%ef%bc%91

作品画像掲載及びお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

担当:ギャラリー桜林 石橋・中野
Tel/Fax:0296-71-6700 e-mail:ohrin@izumotaisha.or.jp

(宗)常陸国出雲大社

〒309-1634 茨城県笠間市福原 2006 番地

Tel/Fax:0296-74-3000

権宮司 髙橋 正重

2024/7/11

奥田雄太個展8/31まで好評開催中!

アーティスト奥田雄太の初期作品から新作までバリエーションが揃う、大変希少な展示です。

入場無料

店頭・オンライン販売にてご購入頂けます。

オンラインショップ

2024/7/1
 
Yuta OKUDA Solo Exhibition       
奥田雄太個展          
2024.6.30 - 8.31
 
オンライン販売のお知らせ
7/1(月)10:00より、一部作品をオンラインショップでもご購入頂けます。遠方のお客様はこちらをご利用下さい。
sbnr07
※作品のお問合せ・お探しの作品、また「作品リスト」ご要望の方はこちらまでご連絡ください。
ギャラリー桜林 ohrin@izumotaisha.or.jp
作品の購入方法:店頭・オンラインショップ両方で購入いただけます。
店頭にてご購入のお客様は、後日銀行振込み、クレジットカードご利用頂けます。
 
44f8bc16-eead-4ed9-84b5-7f365882e2b3
 
Yuta OKUDA Solo Exhibition             
奥田雄太個展          
2024年6月30(日)- 8月31日(土) 10:00 -16:00
休廊:毎週水曜日・7/25 夏季休暇 8/7 - 8/11
※ 7/24・8/14 は開廊  
オンライン販売:7 / 1 Mon. - 8 / 31 Sat.
協力:ミヅマアートギャラリー
会場:ギャラリー桜林 茨城県笠間市福原2081番常陸国出雲大社境内桜林館1F

2024/6/29

ギャラリー桜林では6月30日(日)より、「Yuta OKUDA Solo Exhibition」を開催致します。

 

Yuta OKUDA Solo Exhibition
奥田雄太個展
2024 年 6 月 30(日)- 8 月 31 日(土)
10:00 -16:00
休廊:毎週水曜日・
7/25      夏季休暇 8/7 - 8/11    ※ 7/24・8/14 は開廊
オンライン販売:7 / 1 Mon. - 8 / 31 Sat.
協力:ミヅマアートギャラリー
会場:ギャラリー桜林 茨城県笠間市福原 2081 番常陸国出雲大社境内桜林館1F 

  

問い合わせ(出品作品リストのご要望・画像掲載ど)

GALLERY OHRIN

Tel/Fax:0296-71-6700

e-mail:ohrin@izumotaisha.or.jp

担当:石・中

 

プレスリリース

奥田雄太オフィシャルサイト

Instagram

2024/6/16

ギャラリー桜林では6月30日(日)より、「Yuta OKUDA Solo Exhibition」を開催致します。

Yuta OKUDA Solo Exhibition

会期:2024 / 06 / 30 - 08 / 31

※詳細は改めてお知らせ致します。

%e5%a5%a5%e7%94%b0%e9%9b%84%e5%a4%aa_2023_neobonsaibluegradation_silver

Neo Bonsai (Blue Gradation x Silver) 2023 アクリル絵具・顔料インク/キャンバス 91 x 91 cm 

2024/5/31

%ef%bc%94b2%e5%85%a5%e7%a8%bf%e7%94%a8 

常陸国出雲大社御鎮座30周年記念 金子富之展「宇宙蛇の夢」

会期は終了いたしました。

展覧会や作品の詳細についてはこちらをご覧ください。

2024/5/1

「雲・桜・骨 内藤忠行写真展」
 会期は終了いたしました。ご高覧有難うございました。

  
   
20240414_143855
   
20240414_143942
   
20240414_144453
  
20240414_144118
 
20240414_144148
「 雲・桜・骨 内藤忠行写真展 」
   
日本を代表する写真家内藤忠行(1941年東京浅草生まれ)は、60年代に単身NYに渡り活動を開始。マイルス・ディビスと出会いジャズなどコンサートライブを撮り始め、多数のレコードジャケットを手がける。またルーツであるアフリカへ旅を重ね多くの写真を残す。80年後半より日本文化に回帰し、桜・蓮などを撮り、これまでの写真の常識にとらわれない繊細かつ大胆な手法と内藤独自の世界を創り出す。近年では骸骨、雲などを被写体に精力的に制作している。
本展では、桜の世界をT字型12面シンメトリーに表現した最大作品を特別展示するなど日本の美の象徴である桜と、最新作である雲シリーズと、愛と平和そして死をテーマにした骸骨シリーズなどキャリア60数年で今なお新たな表現を探究し続ける内藤独自の世界観を表現します。
1960〜1980年代N.Yにて撮影されたスナップ写真や、約30年前に制作されたゼラチンシルバープリントは、大変状態が良く保存されております。
  

2023/12/31

3/20まで開催予定の個展「宇宙蛇の夢」は大変ご好評につき、5月31日まで会期が延長になりました。

大変人気になります当社限定御朱印帳、金子富之展覧会パンフレット、初の画文集発売中です。

%e7%94%bb%e5%83%8f02
img_5530

Archive / 過去の展覧会

seeing-the-unseen

5 Seeing the Unseen

入江早耶、江口綾音、木村了子、熊澤未来子、戸田沙也加、七搦綾乃、野田

仁美、藤田桃子

2016.10.8 – 11.27

%e3%83%9c%e3%83%98%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%b1%95

4 ボヘミアンアートガラス展

2016.7.29 – 9.10

%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e3%83%bb%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e5%b1%95

3 いきもの・はどう 伊藤公象/伊藤遠平

2016.6.11 – 7.18

%e6%ab%bb%e4%ba%95%e3%82%8a%e3%81%88%e3%81%93%e5%b1%95

2 追悼企画 櫻井りえこ展

2016.4.22 – 5.5

impacts%e5%8b%a2%e3%81%bf%e5%b1%95_r

1  オープン記念企画 Impacts! 勢(はづ)み展

会田誠、天野喜孝、宇佐美雅浩、OJUN、金子富之、棚田康司、天明屋尚、森淳一、山口藍、山口晃

Media / メディア掲載

旅色10月号  2019.11.29

旅色10月号にギャラリー桜林と常陸国出雲大社が掲載されました。

下記、URLからご覧になれます。

https://tabiiro.jp/book/monthly/201910/theme/

monthly_1910 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-10

Casa BRUTUS 12月号 2019.11.18

Casa BRUTUS 12月号(櫻井 翔さん表紙)「日本の聖地100」に常陸国出雲大社、ギャラリー桜林にて開催中の『棚田康司展 鎮守の森の入口で』、伊藤遠平X常陸国出雲大社特別公開制作『モクモクフー ひたちのくにのもりのなかまたち』が掲載されました。

img_20191109_0001_000001-2mx-2640fn_20191109_134539_000001-2

ART 特製御朱印帳

sbnr07
ふるさと納税サイト「さとふる」はこちら

<岡本瑛里 ART特製御朱印帳> ¥2,200 –(税込)

img_3206

 

岡本瑛里氏は、東京藝術大学在学中より、その圧倒的な画力で注目されるミヅマアートギャラリー所属の現代美術家です。

伝承や民話に興味を持ち、油絵具を何度も塗り重ねた重厚さと、鮮やかな色彩の作風は幻想的な物語を感じさせます。

近年では、人気デュオゆずのアジアツアー2016NATSUIROのオフィシャルキャラクターデザインである猿の画なども手がけております。

本品は、<2016年賀状の為の原画>をもとに、特別に制作された御朱印帳になります。どうぞ作家の今後の制作活動にもご注目ください。

<岡本瑛里プロフィール>

1987 千葉県生まれ

2017 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程油画技法・材料修了 博士号(美術)取得

千葉県在住

<金子富之 ART特製御朱印帳 Vol.2> ¥2,200 –(税込)

kaneko1

 

金子富之氏は、妖怪や精霊、神々など目に見えない精神的な存在を可視化した作品で注目されるミヅマアートギャラリー所属の日本画家です。

2016年「19th DOMANI・明日展」(国立新美術館)では、<レッドバナスパティラージャ>がメインビジュアルに選ばれ、2017BVLGARI主催「SERPENTI form」(シンガポール~東京、森センターギャラリー巡回)にて代表作「世界蛇」が出品され注目されました。また、2018年第7回日経日本画大賞に「高龗(たかおかみ)」がノミネートされるなど、近年ますます注目を集めています。

近年では、2017年にギャラリー桜林で開催された<ギャラリー桜林・ミヅマアートギャラリー共同企画展 -アジアの神々―金子富之展>は、ヒンドゥー教から仏教、日本神話の神々など畏敬の対象として崇められた目に見えない存在の実体化を試みました。「天手力男神(あまのたぢからおのかみ)」、「バロン・マチャン」など常陸国出雲大社コレクションも特別展示され話題を呼びました。

こちらの御朱印帳は、金子氏の代表作を両面に配し、特別に制作いたしております。

今後の作家の活動にもぜひご注目ください。

<金子富之プロフィール>

1978 埼玉県生まれ

2009 東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士課程 修了

山形県在住

『伊藤遠平 / モクモクフー/ 常世の国への大冒険』 ¥2200(税込)

img_3479-4

 

「伊藤遠平(現代アーティスト)モクモクフー」

詳しくはこちらをご覧ください。

ギャラリー桜林

常陸国出雲大社のアートギャラリーになります。20162月、境内の建物をリニューアルし「桜林館」と命名。1Fにアートスペース<ギャラリー桜林>2Fを直会会場となりました。日本の伝統文化の象徴である神社境内にアートスペースを設け、過去・現在・未来へと続くジャパニーズスピリットに溢れた価値ある芸術作品をご紹介し、展示・販売致しております。新たな発見と感動をお楽しみいただければ幸いです。入場無料。主に日本人による現代アートなど様々な企画展を年間4回程度開催致しております。いま、神社境内から現代アートを発信する空間として大きな注目を集めております。ぜひご参拝に併せてお立ち寄りください。

ギャラリーロゴ ピンク
1648795860174
%e6%a1%9c%e6%9e%97

ギャラリー桜林

309-1634

茨城県笠間市福原2081番 常陸国出雲大社境内桜林館1F

入場無料

開廊時間・休廊日:最新情報をご確認ください。

展覧会・作品について及び掲載などのお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

TEL/FAX:0296-71-6700(直通)

休廊時TEL: 0296-74-3000(社務所)

e-mail:ohrin@izumotaisha.or.jp

詳しい情報は、FacebookInstagramXにて配信中

ギャラリー桜林

モクモクフー

お問い合わせはコチラ

住所 / 〒309-1634茨城県笠間市福原2006
受付時間 / 8:00~17:00

0296-74-3000

0296-74-3000

img_cb

TOP